選ばれる6つの理由

一般的な店舗ビジネスとは大きく違う

ライブチャット代理店の大きなメリット

プレゼン 男性.jpg

REASON

 
ライブチャットビジネス低コスト出店.jpg

少額のイニシャルコスト​・少額のランニングコスト

Low cost

ライブチャット事業の多くは「3LDKマンション」を事務所として活用するため、初期設備投資を安く抑えることができ、月々の維持費も「一般の家族が支払うコスト」程度となります。

 初期費用例:敷金礼金等・設備等100万円〜150万円

 コンビニ例:初期費用800万円〜2000万円程度等

 維持費用例:家賃・水道光熱費・通信費等15万円〜20万円/月

 コンビニ例:ロイヤリティ150万円〜400万円程度

       水道光熱費50万円程度

       廃棄処分費5万円程度等

 

エンドユーザーの集客は全てサイトが担当

No need

ライブチャット事業の大きな魅力の一つが、集客にかかる労力が一切不要という点です。ライブチャットサイト運営会社側で年間数十億円の広告費をかけ、ライブチャットサイトへ集客をかけている為、代理店がエンドユーザーを集める必要は一切ございません。

 コンビニ例:立地による集客

       ネームバリューによる集客等

 飲食店 例:広告による集客

       立地による集客

       味の評判による集客等

ライブチャット集客不要.jpg
 
ライブチャット収益.jpg

安定的にストックで高収益を得ることが出来る

High income

ライブチャット事業はアダルトコンテンツがあるという点で、実はストック性の高い事業であり、簡単に高収益につながりやすいビジネスです。代理店によっては、6ヶ月程度で初期投資の回収を終える場合もあります。

 コンビニ例:減価償却期間

       5年〜7年程度

 飲食店 例:減価償却期間

       4年〜12年程度

 

チャットレディは業務委託で雇用責任は不要

Freelance

チャットレディは「やったらやった分=出来高」の報酬体系なので、雇用する必要がありません。つまり、社会保険や雇用保険などの手続きが不要で、業務委託での契約となり、代理店側は『場所と業務の提供』という形式になります。

 コンビニ例:アルバイト雇用

       集客が無くてもアルバイト常駐で時給発生

       雇用の手続き発生

フリーランス.jpg
 
ライブチャット リモートワーク.jpg

都心より地方の方が収益率が良いビジネスモデル

Local success

都心部に出店すると「家賃が高額」「チャットレディへの報酬率が高額」などの事情により収益性が悪く、さらにチャットレディの人数管理の労力が増える傾向があり、地方出店の場合「維持費が安い」「チャットレディが専業化しやすい」などの収益に繋がる部分が多くなります。

 都心部出店例:初期費用200万円程度

        月額費用50万円〜100万円(広告費による)

 

多くのタスクがリモートワークで成り立つ

Remote work

100%ではありませんが、レディへの面接のオンライン化・サポートのオンライン化など、多くのタスクをリモートで行うことが出来ます

事務所とは別に自宅からリモートでビジネスを行うことが出来ることで、コロナ禍でも安心して事業を行うことが出来ます。

 コンビニ例:対面面接

       対面接客(感染症対策など)

オンラインサポート.jpg